2008年9月19日 (金)

【夢の超特急】

404s

新幹線0系電車
1964年、東京オリンピックの直前に開通した東海道新幹線の最初の電車です。
この電車が2008年11月をもって最終運転、姿を消すことになるそうです。
この姿を見て「新幹線!」と思う人も少なくなってきたかもしれませんね。

この電車は初めての新幹線電車というだけでなく、日本の技術の結晶であり高度成長期のシンボルでした。
世界最高速度250km達成ということで「はしれちょうとっきゅう」という歌もでき・・・
「びゅわーん、びゅわーん、走る、青いひかりの超特急・・・・」という歌は幼稚園での人気の歌でした。
ちなみに2番の歌詞は「びゅわーん、びゅわーん、走る、丸いひかりのボンネット・・・」
0系電車の特徴でもある丸い「ひかり前頭部」を歌ったものですね!
この先頭の丸い形は当時「飛行機のようだ!」と言われて斬新なものでした。
絵本でもこの電車の扱いは特別!当時は電車も角ばった四角、ほとんどは電化され機関車もごつごつしたもの。
その中でなめらかな曲線美は新鮮なものでした。
そして青いラインも「新幹線ブルー」と言われる、当時の客車のような紺色系ではなく鮮やかな青。
歌にもあるとおりです。

あれ?白は?・・・・新幹線って白と青のツートンじゃなかったっけ?

と思った方は国鉄後半かJR後の方、初代新幹線の色は「白と青じゃない」!?
写真で残っている当時のものはまだ白黒が多く、カラーも退色して白っぽくなっていますが、
当時の色は「クリーム色と青!」それも見るからに肌色っぽい。特に前頭部はやや茶色がかったクリーム色・・・
私もこの色は鮮明に覚えています。当時は真っ白な車両は考えていなくて、サビ止めや汚れを考えての色だったのかもしれません。
確かに歌「はしれちょうとっきゅう」でも「青いひかり・・・」は出てきますが、「白」は出てきていません。
後で100系電車が登場したときくらいから塗り替えられたそうで、今回最終運転での色も当時の塗料がもう無いということで、白と青になっています。
私も記憶に残っているのは今までの電車に無かった鮮やかな青。これが高速で走る姿が憧れだったんです。

167s_2

そしてこの電車は今は亡き祖父との思い出なんです。
まだ幼稚園にも行けない私を、絵本でみて「しんかんしぇん!」と喜んでたので、何度も新大阪駅に見に連れて行ってくれました。
何度も、何度も。
両親とはほとんど会うことがなく、祖父母に育てられていた私が絵本で見て喜んでいる姿に本物を見せてくれたのです。
帰りにはミナミや梅田の百貨店の大食堂や中華料理店などで、ちょっとした豪華な気分を味わっていました。

でも人形が大阪名物の店だけには行かなかったんです。
なぜなら・・・祖父は元その店の料理長!
その後当時の美食家たちだけが通える超高級レストランの総料理長となりました。
周りから聞いたところでは、もし10年若かったら「料理の鉄人」に出場したこと間違いなかったようです。
なぜなら祖父は元従軍調理師。しかも呉鎮守府の士官付け料理人、当時の最高の食材を扱える数少ない人だったのです。

その祖父は料理だけではなく、とにかく好奇心の塊で新しいもの好き。
晩年、遠くまで歩けなくなるなるまでお気に入りの場所は「東急ハンズ」。
新しいグッズを買いに行ったり、科学雑誌を買ってきては面白い記事があると切り抜きしていました。

新幹線もまた同じ。
幼い私を喜んで連れて行ってくれました。
暑い夏の日でも、真冬の雪の日でも・・・
これが「事件」の原因となってしまいました。

雪の降る寒いホームの端に度々現れ、入ってくる列車を見つめる老人に手をひかれた幼児が・・・
思いつめるように列車を見て立っている・・・・
「もしや・・・早まったことを・・・・」
気になった駅員さんが声をかけ、駅務室に連れて行かれたそうです(*^_^*)

事情を聞いてなあんだと大笑い。
確かに当時は最新鋭の乗り物。見物に来る人も多かったそうですが、顔を覚えられるくらい来る人はいないですよと言われたとか。
私は駅員さんとはしゃいでいたそうです!なぜか当時の丸いストーブのある役務室で「うんてんしゅしゃん!」と
感動したことを今でも覚えています。新幹線の説明や駅の説明をしてくれてとても親切だったことも覚えています。
当時の新大阪は駅のホームに役務室兼乗務員室があったそうです。
それの想い出がたぶん、今の鉄道好きのベースになったんでしょうね。

さて、祖父はもうひとつ才能があって、それは大工仕事。
それも日曜大工という程度ではなく、戦後すぐに大阪にやってきて西成区に移り住んだのですが、
大阪大空襲による焼け跡のたった2件焼け残った家のひとつを買い取り、その裏にコンクリートの頑丈な離れを建築したり、
トイレを木の古いものから陶器の新しいものに換えて、タイル張りをして新しく立て直したり、
台所も昔のかまどからダクトつきのキッチンにしたり・・・
プロ顔負けの才能だったようです。

Sirius4

そして星が好きになった私を当時理解してくれた唯一の人でした・・・
小学校、中学校と行くようになり、図鑑とプラネタリウムでしか星を見ることができない町の空。
祖父はもともと物干しがあった屋根の上に足場を組んで、「観測所」を作ってくれたんです!
中学校のときにはそこにお年玉をためて購入した赤道儀反射望遠鏡で、晴れた夜はいつでも観測できました。
天文学者になりたいと思っていた私に、両親は「星なんぞ見て金になるか!」と猛反対してましたが、
祖父はそっと支えてくれていたんです。

その祖父も、一人暮らしをはじめ、結婚して離れて暮らしてから逆になかなか会えなくなり、
数年前に亡くなりました。90歳、食事をしようとしたときに急に眠ってしまって・・・老衰。
新潟の豪商の次男に生まれ、役者として大阪で活躍し、戦時中は一流料理人、大工仕事もやれる科学大好き人間。
好きなことを仕事にして、奔放に生きた多才な人でした。

私が結局、星の道を選んだのも祖父の影での支えがあったからだと思います。
あのときまわりの言葉だけに流されていたら、私は父のように事業家として成功はしたかもしれない。
でも人間として「自分が好きな自分」にはなれなかったかもしれない。
それに星空とは離れてしまっていたでしょう、それに「夢」を捨ててしまっていたでしょう・・・・

406s

今、0系最終運転のポスターをみて・・育ててくれた祖父を思い出し、感謝しています。

この新幹線0系電車には「ひかり」「こだま」という列車名のほかにもうひとつ列車愛称があります。

【夢の超特急】

人々が1本の鉄道に夢を託した時代。
これ以上素敵な電車の名前があるでしょうか・・・
この電車に「夢」をつないだ人間が、私のほかに何人いるでしょうか・・・

21:25発0系新幹線

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

【想い出の赤い電車】流れ星みつけた・・・

【名鉄谷汲線】2001年9月30日廃線・・・・

009   

名鉄、名古屋鉄道の電車は赤い色をしています。その色がいちばん美しく見えるのは夕暮れと朝焼け・・・

006

この線は私鉄のローカル線として鉄道ファンから親しまれてきました。その沿線は緑が多い山沿いと、せせらぎが残る川沿いという季節の移ろいを感じられる場所がいっぱいでした。中でも「更地駅の桜の木」は有名でした。

011

そして夜になれば満天の星空!自動車で出かけたときには夜には星空を眺めながら過ごしました。夜明けの始発列車を待ったときもありました。また廃線の前年には「しし座流星群」の観測地にここを選びました!数こそは少なかったですけれど、もう二度と見ることはできない。谷汲線と流星の姿をここで見たかったのです。その願いは・・・今では撤去されてしまった谷汲線の架線とすばるに流れる流星の姿としてフィルムに刻まれています。ここはまさに「銀河鉄道の駅」だったのです。

005_2 004

そこを走っていたのはモ750形という昭和3年製の真っ赤な電車と、時々応援で走るモ510形という大正15年製の赤と白の電車。特にモ750形は旧名古屋鉄道時代に製造された古豪という言葉がぴったりのものでした。

001_1

製造から間もなくの昭和7年には鉄道省(後の国鉄)高山本線との直通運転が始まったことで、名鉄線は電車で、高山本線は汽車で牽引されて運転され、後の「たかやま」「北アルプス」の先駆けとなりました。その後は名鉄の600V線を転々としながら岐阜線、谷汲線、揖斐線を走りました。

木の窓、リベッドどめの車体、ワックス塗りの床、昔ならではのモーターの音・・・・「昭和」を駆け抜けた電車でした。しかも走るのは四季折々の風景の中・・・冬には豪雪地帯としても有名なところで、雪の中を力強く走る姿は普段ののんびりとした姿が一変、どんな状況でも乗客を運ぶという「意志」を持ったかのようでした。

名鉄に惹かれたのは名古屋の科学館のプラネタリウムへ見学に行ったとき。「新名古屋駅」(現在の名鉄名古屋駅)で奇妙な音を出して入ってくる電車が!!それがパノラマカーとの出会い。そしてJAFの雑誌で見た犬山橋で特急列車と走ったり、支線の赤い電車を追いかけるようになりました。その中でこの谷汲線と出合ったのです。

F00022 F00030

カメラの修理もだいぶ慣れて、ミノルタのAR-1もアルファ7000も数台、レンズもたいがいのものは写せるまでにそろいました。天体写真でもこの一度死んだはずのカメラたちは、存分に威力を発揮し、台数の必要な流星撮影などでも出現個数確認や、流星痕の撮影などの成果をあげていました。しかし天体は「バルブ」が使えて、望遠鏡に取り付けたり、レンズもピントは無限にできれば撮影可能。一般の昼間の風景や人物などではピント、露出、絞りなどの様々なことを考慮して、数少ないシャッターチャンスを狙わねばなりません。当時はすでにデジカメが主流になりつつあり、フィルム一眼レフカメラは高機能のオートフォーカスが勢ぞろいしている状況です。私の修理していたミノルタのMDカメラはピントはもちろんマニュアル。AR-1などは露出計さえないので、絞り値、シャッタースピードは全て「手動」です。アルファ7000も単純な風景写真ならオートフォーカス、自動露出可能ですが、逆光や雨、曇天、動きの早い色の差が大きいものでは到底使い物にはなりません。鉄道の雑誌などにある写真など撮影できるものではなく、自分自身も現像が仕上がってみて「やはりダメだった・・・・」と落胆することの繰り返し・・・・

008

でも「経験」とは恐ろしいもので、次第にフィルムの感度と露出調整が身についてくるもの。初めは古本屋で手に入れた昔の撮影方法をマネてみたり、グレースケールや古い露出計も使っていましたが、何年か経験していると、「この場所でこの季節でこの天候なら・・・」と何となくわかるようになってきました。その上「このシーンは少し暗めにして表現したい・・・」とか「ピントと被写体をこうしたい・・・」という意図的に調整した写真も撮影できるようになったのです!それもこの真っ赤な夕日の似合う名鉄の色彩と、四季の変化の大きい谷汲線の沿線の風景のたまもの!そして素人ながらも、やっと自分でも「こんな写真を撮影したかった・・・・・・・」と思えるようになりました。

しかしそれは谷汲線の廃線のときでもあったのです・・・・

廃線の話を聞いた時は、いつかは来ることだと思いました。休日は名鉄いちばんのポイントだけに鉄道ファンもいますが、平日の昼間など乗客は私一人だけ・・・文字通りの「ワンマンカー」ということも多い状態でした。廃線の話が出ると多少は鉄道ファンも多くはなりましたが、それでも休日に人がいっぱいなどなく、普段は地元の方が数人程度・・・でもゆっくり写真は撮影できましたし、いちばんは「乗車券」!!今年最後になった、南海、近鉄、名鉄3社線が3日乗り放題の「3・3・SUNフリーきっぷ」を使うのですが、「廃線抵抗」とばかりに谷汲線内は別途乗車券を購入!でもこれがいいんです♪特に「谷汲駅」は自動ではなく【手売り!!】当然のことですが昔懐かしい「硬券」です!当然降りるときにはワンマンカーですから運転手さんの横のきっぷ入れに入れないといけないのですが・・・「記念に持って帰りたいのですが・・・・」と言うと・・・・JRとか他の私鉄でも改札でそう申告すると「使用済」とかの印をボン!と押されて持ち帰りとなるのですが・・・・運転手さん「では裏に列車番号を書かせていただきますね」とペンで列車番号を書いて持ち帰りさせてくれます。。。。。これってすごい【記念!!!】表には乗車駅、区間と日付。裏には乗車した列車番号!乗ってるのが一人のときはもちろん【世界でたったひとつの乗車券】となります!!しかも硬券で!!

003 002

廃線が近くなると、惜しむ鉄道ファンが増えて運転本数も増やし、普段は谷汲山への観光に休日のみ増発し、「北野畑駅」で見えたタブレット交換もファンの格好の撮影対象となりました。ここは単線で「信号」がなく、タブレットで列車の行き違いをしていました。

廃線になるまでにこれだけたくさん乗ってくれていたらなあ・・・・としみじみ感じながらの別れ。廃線の日の谷汲線はすごい人でしたので、ほとんど写真も撮影しませんでした。ここの本当の素晴らしさは「廃線」というイベントではなく、今まで私の写真をずっと鍛錬してくれたこと・・・・それは年々変ってゆく被写体の写り具合に年輪のように残されています。

Akaoritohoshi0006_1

想い出は35mmのフィルムの中にもう数多く残されています。もう去ってしまった小さな赤い「銀河鉄道」・・・・でもそこで出会った数多くの星たちは今も私の記憶の中で走り続けています。

プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/
那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/

| | コメント (0) | トラックバック (1)