« 【ファミリー星空教室】締め切り迫る! | トップページ | 【キトラ古墳の星座たち】のページ登場! »

2006年4月26日 (水)

よみがえる1300年前の星空~【キトラ古墳の星座たち】

Byakkokai2

Kitorapr_html_3cff3c9a

今、よみがえる1300年前の星空・・・・

奈良文化財研究所 飛鳥資料館では、5月12日(金)~5月28日(日)に壁画古墳として有名なキトラ古墳の壁画【白虎】が公開されます。

飛鳥資料館:http://www.asukanet.gr.jp/

白虎は中国から伝わった方位の守護獣でもあり、古代星座でもあります。キトラ古墳では世界最古の星図が発見され、天文学としての意義も非常に大きなものとなっています。この宇宙観、星宿などは後まで伝えられ、日本では陰陽道として「安倍晴明」などが著作、映画でも有名です。

しかし実際にこれらをプラネタリウムなどで再現することは今までほとんど行われておらず。現在の星座のみが取り上げられ、日本では1000年以上使われてきた文化としての星空が省みられることはほとんどありません。

今回の大阪狭山市立公民館のプラネタリウム番組は、飛鳥資料館での【白虎】公開とあわせて、古代の日本での宇宙観を固有の文化、歴史として再現させるという異例の企画となっています。古代の【白虎】が、【朱雀】が再び星空に舞い上がります。

今回の投影では接近中の彗星とあわせて、日本古来の星空を再現させる貴重な企画であり、【文化としてのプラネタリウム】を行う異色の企画です。資料、BGMも以前行った単発の講座とはさらにスケールアップして登場します!

古墳から発見された星空が、今のプラネタリウム室によみがえります。

詳しくはこのブログ:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/

もしくは那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org

投影は大阪狭山市立公民館プラネタリウム

〒589-0021 大阪狭山市今熊1-106
TEL072-366-0070
南海高野線金剛駅からコミュニティバス、西小学校前下車すぐ
プラネタリウム通常投影は毎週日曜、午後2時と午後3時から。入場料、観覧料は何と【無料!】先着順です~^^

イベントが近づきますと混雑が予想されます。臨時投影などの対応は極力いたしますが、ご容赦ください。

|

« 【ファミリー星空教室】締め切り迫る! | トップページ | 【キトラ古墳の星座たち】のページ登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169495/9768673

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえる1300年前の星空~【キトラ古墳の星座たち】:

« 【ファミリー星空教室】締め切り迫る! | トップページ | 【キトラ古墳の星座たち】のページ登場! »