« 今日も銀河鉄道出発進行!~今日もプラネタリウムが熱い! | トップページ | 明日からまた卑弥呼の日食です!・・・でも・・・ »

2006年9月13日 (水)

今週から、また通常番組に・・・「卑弥呼の日食」

先週の土日は「はばたきフェスタ」特別番組、銀河鉄道PART9「銀河特急カシオペア」走った列車は・・・ニュートラムでした(^-^)/
30分のショート番組ということでしたが、たくさんの方に見ていただき、笑いあり、情報アリと、テンポの早い番組でした!
次に大阪狭山市での銀河鉄道は来年1月の「新春こどもまつり」ついにこのシリーズもPART10となりました。
記念に地元ではとっておきの列車にしようと思ってます(^O^)/

Photo_6
さて、今週からまた通常番組「日食と月食」ですが、落差の激しい番組だそうで;;
前半の皆さん参加しての笑いありの解説と、後半の「卑弥呼の日食」・・
それが意外なところでつながってます!
まだ、ご覧いただいてない方に「あらすじ」を・・・

今から1800年前、たくさんの都市国家があった頃、「ヤマトのクニ」に卑弥呼という女性がいました。彼女は星や空をながめては天気や災害を予言して、人々から崇められていました。
各地の国王は、争いをやめて卑弥呼の力を借りて、連合国家、邪馬台国(ヤマト国)を結成します。
しかし、卑弥呼も次第に年齢とともに力を失い、あとのことをまだ若い「壱与(いよ)」に託してこの世を去ります。
卑弥呼の力を失った邪馬台国は再び分裂して、争いが起きるようになります。
乱れた邪馬台国はどうなるのでしょうか?
そして、後を託された若い壱与は、どうなるのでしょうか?
そして争いの中、西暦248年9月5日、運命の朝がやってきたのです・・・


天文シミュレーションと考古学、そして古代の地理までも再現した古代考証、「卑弥呼と歩く」から、そのドラマをプラネタリウムでわかりやすく再現した、古代ロマンファンタジア!
今月リバイバル投影です!

投影は大阪狭山市立公民館プラネタリウム

ホームページ:http://www.osakasayama-kouminkan.jp/

ホームページリニューアル!!!

〒589-0021 大阪狭山市今熊1-106
TEL072-366-0070
南海高野線金剛駅もしくは泉北高速鉄道泉ヶ丘駅からコミュニティバス、西小学校前下車すぐ
(金剛駅からは10分ほど、泉ヶ丘駅からは40分ほどかかります。交通事情にはご注意ください)
プラネタリウム通常投影は毎週日曜、午後2時と午後3時から。入場料、観覧料は何と【無料!】ただし先着順です~^^

プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/

|

« 今日も銀河鉄道出発進行!~今日もプラネタリウムが熱い! | トップページ | 明日からまた卑弥呼の日食です!・・・でも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169495/11885104

この記事へのトラックバック一覧です: 今週から、また通常番組に・・・「卑弥呼の日食」:

« 今日も銀河鉄道出発進行!~今日もプラネタリウムが熱い! | トップページ | 明日からまた卑弥呼の日食です!・・・でも・・・ »