« 食後と30年目の「声」 | トップページ | プラネタリウムから故郷へ・・・ »

2006年12月22日 (金)

最寄り駅!・・・祝!今里筋線開業Part1

大阪市営地下鉄、今里筋線が12月24日正午に開通します!
クリスマスイブに素敵なプレゼント♪
(誰にかなあ^^;)

大阪市では話題になっていますが、実はこれ「快挙!」なんです!
一つの都市で複数のリニアモーターカー路線が開業する!!!!
大阪市営地下鉄ではすでに長堀鶴見緑地線を1990年に(当時の名称は鶴見緑地線)開業させて、世界初の本格的営業用リニアモーターカーと話題を集めました。
これは浮上方式でない車輪での走行方式ですが、車体がコンパクトでトンネルも小さくて済む。車輪で引っ張らなくていいので急勾配、急カーブに強い。インバーター方式を有効に使えて省エネ。モノレール、タイヤ方式の新交通システムに比べて大量輸送が可能。などの現代にピッタリの鉄道なんです!
これを複数路線開業、営業させるという世界初のケース!
大阪が世界初!日本が世界初!最先端の交通システム保有都市!
ついでに大阪狭山市は学習プラネタリウム投影のほかに、市内全小学校で「天文の授業」を導入でこれも日本最先端の宇宙教育都市!

今日も熱いなあ^^;

で我が家の最寄り駅は。。。。

061221_20060002
近鉄南大阪線の「支線」で「単線」・・・(;´Д`)ウウッ…
我が家の最寄り駅で「交換(行き違い)」をします^^;
でも「急行」停車駅だい!(止まらなければ衝突するからなあ^^;)
061218_11500002

駅前には「温泉歓迎」のゲートもあります!
週末には旅館送迎の小型バスも来ます!

ただ。。。バス停が無い・・・_| ̄|○
タクシー乗り場も無い・・・_| ̄|○
駅前ショッピングセンターも・・・無い・・・_| ̄|○
スーパーマーケットも・・・無い・・・_| ̄|○
夜には無人駅になる・・・_| ̄|○
駅のホームは明治時代の開業当時の建て増し・・・_| ̄|○

つまり「駅」そのものしかない・・・_| ̄|○

ま、それは静かな駅として^^;
起点の大阪あべの橋駅(天王寺)から不思議な列車が走ります。「幽霊列車」ならぬ「変身列車!」

061221_19380001

大阪あべの橋駅からは「古市行き準急行」として発車。そこで終点か?と思うと車内アナウンス「この列車は古市駅で橿原神宮前行き急行に変ります!」
工工工エエエェェェ(;゚Д゚)ェェェエエエ工工工

061221_19460001
古市駅に到着すると突然!行き先表示がくるくる回転して「橿原神宮前行き急行」に変身!!
古市から先のお客さんはもちろん乗ったまま。。。

061221_20060003

でもこの列車もっと奇妙なのは運転手さんの前にある正式な列車種別。
大阪あべの橋から藤井寺駅までは準急。藤井寺駅から古市駅までは何と各駅停車!そして古市駅から橿原神宮前駅までは急行
つまり1本の列車で「準急各駅停車急行と変身!
さらに古市駅では後ろ2両を切り離す間に、後から来る河内長野行きの急行を待ってから発車。。。。
逆の大阪あべの橋行きの場合は急行が準急の待ち合わせをしてから古市発車。。。
たぶん地元の人以外は何のことか意味不明です・・・(・・)

なぜこんな厄介なことを???
まあ理由は近鉄さんに聞いてみないと^^;
でも私の家の近くを走る、今は支線の長野線と古市-道明寺の一駅間と同じく今は支線の柏原線が本来は「河南鉄道」というJR(旧国鉄)以外で日本最大の私鉄、近鉄最古の路線だったことに原因がありそう。。。

ともかく単線、行き違いというのどかな光景を見せながら我が家の近くを列車は走ります。

061221_20060001 061221_20050001
私はこの駅の夜の光景が大好きなんです♪
見慣れた通勤電車もちょっといいでしょう?

自家用車から電車へ・・・仕事は仕方ないですが、遊びにはちょっと電車もいいでしょう♪これも地球温暖化防止へのちょっとした「地球」ボランティア♪

プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/
那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/

|

« 食後と30年目の「声」 | トップページ | プラネタリウムから故郷へ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/169495/13156728

この記事へのトラックバック一覧です: 最寄り駅!・・・祝!今里筋線開業Part1:

« 食後と30年目の「声」 | トップページ | プラネタリウムから故郷へ・・・ »