2007年4月 5日 (木)

ライブ開始!♪

Chirasi

親子で楽しむファミリーコンサート
「春の星空と音楽でお散歩」

2007年5月12日(土)開場13:30 開演14:00
会場:門真市民文化会館ルミエールホール 大ホール(全席自由)

■一般:前売1,000円(当日1,200円)/小中学生:前売500円(当日700円)/乳幼児:無料

■主催/お問い合わせ先:財団法人門真市文化振興事業団TEL06-6908-6000
大阪府門真市末広町29番1号 ルミエールホール内
email:kadomafc@lily.ocn.ne.jp
URL:http://www.kadomafc.net

■チケットは
全国のローソンチケット 0570-00-0777:0570-08-4005(Lコード専用:52975)
e+(イープラス)
http://eplus.jp
JA北河内門真市内各店 06-6909-4600(門真中央支店)
門真ルミエールホール 06-6908-5300
守口エナジーホール 06-6992-1276
枚方市民会館 072-843-1122
八幡市文化センター 075-971-2111


・・・・ローソンパスで買えるのか・・・
まさか自分の出るイベントチケットがローソンで出てるとは・・^^;


私は星空解説とそのときのBGMの一人二役です^^; BGMはいつもプラネタリウムで聴いていただいているクラシック編曲です♪「これってクラシックだったの?」なんてネ!

ただ・・・いちおう解説はスクリーンなのですが・・・
もしかしたら・・・「ファントム」登場かも!?

もし「ファントム」が登場すれば奇妙で大変なことになります(??)
070209_20050001_1
ルミエールホールの座席数は1100席・・・
ということは座席数1100席のプラネタリウム!!!

1日だけでありますが、世界最大のプラネタリウム】が出現することになる!?

これってギネスブックに載るかなあ^^;
(ただのトリビアかなあ^^;)

お手軽で本格的なコンサートをぜひお楽しみください♪

クラシックコンサートと言っても小さなお子様連れでもOK!家族みなさんで「クラシックってけっこういいんじゃない!」って思っていただきたいです♪

プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/
那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

いよいよ新しい春です^^

お久しぶりです^^;

年度末は超多忙。。。
やっと新年度。。。気づけば春。。。が毎年のこと。

こんな仕事じゃあそれが宿命ですが・・・

でもプラネタリウムも春!
4月の大阪狭山市立公民館のプラネタリウムは「春の星空~桜のプラネタリウム」
プラネタリウムでもお花見をお楽しみください!!
070402_09290001

070402_09300001_1
我が家でもやっと春のご挨拶!
「家族」のニホンアマガエルたちがやっとお目覚めです!
まだ枯れ枝が多いので茶色いのですが、日曜日のプラネタリウム出勤でドアを開けると「カカカカッ!(傘!傘!)」
・・・あ、夕方雨か!

なんとも頼もしい気象予報士さんです^^
070402_09300003
夏グミもやっと花が咲きました!

そして新しい春のイベントです!
http://www.kadomafc.net/
門真市のルミエールホールでのイベント
「親子で楽しむファミリーコンサート~春の星空と音楽でお散歩~」 

いよいよ「初舞台」!

今までプラネタリウムや講演会はありましたけど、ライブ、トークイベントは初めて^^;
1100席の大きなホールでのイベントに出演です^^

また違ったところでみなさんとお会いしたいっものです♪

あ、「新曲」完成させなくっちゃ><

プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/
那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

白熱の【《市民》天体観望会】・・・これで観望会の時代は変りました!

10月7日の市民天体観望会@大阪府茨木市
満月の夜の天体観望会でした!

20年目を迎える那須香・・・この観望会は「天体観望会」を越えるものになったと思います。

今日投入したのはいよいよ実用実験となった「星ぴシャ!Ver.0.30」これを装備した望遠鏡は誰もが簡単に、<携帯電話>で「天体写真」を撮影することができる!以前より計画実験中の那須香大阪天文台オリジナルの新装備です。

18時30分の開始時の天候は小雨。。。「バビンカ」を食ったのに>< 露天のグラウンドでは曇天装備も運用不可能。しかも今日は強気で「主砲」の40cm望遠鏡も稼動中!
でも開始まもなく雲が切れて。。。月が出ましたヽ(´ー`)ノ
とりあえず、第一報のブログを送信!

そして月はどんどん輝きを増してきます!星もしだいに現れ、19時すぎには晴天に!(食ったぞ「バビンカ」!)

そして「星ぴシャ!」の効果は?。。。
あちこちで「パシャッ!」「ぴろりん♪」「ピローン♪」・・・携帯電話のカメラが大活躍!今まではなかなか位置合わせやピントで苦労していた、携帯電話での天体写真がついに「誰でも」時代になった瞬間です!
月はもちろん、二重星や星団ですらターゲットになります!

061007_20070001
061007_194400020001 アンドロメダ座ベータ星アルビレオ(二重星)

これ全部携帯電話!しかも音楽携帯のカメラの壁紙モードなのでわずか8万画素足らず!ショボショボモードでもここまでOK!もちろんお客さんの中には最新機種とかデジカメとか持ってる方はさらにすごい画像が。。。

その効果は「天体」だけに止まりません!

------------------------------
【父と娘】
写しにくいものはブログにアップ!後でダウンしてくださいね!ということで携帯電話用のバーコードを今回は会場にも掲載したところ。。。。
「パケット代かかるから。。。。後でお父さんにダウンロードしてもらうわ!」父と娘の家庭での対話が、こんなところで見えるとは・・・・
--------------------------------------
【防犯】
え?携帯電話で写せるの?→星ぴシャ使用で成功!
「うわー!ほんまにこれ月写ったわよ!」
 「いやー奥さん、私携帯家に置いてきたわー」
「あ、ほな私メールで送っとくわ!」
 「じゃあお願いしていい?よかったわー!」
家族ぐるみでの夜のお出かけ、こんなご近所付き合いができているところに「犯罪の影」があるのでしょうか?
----------------------------------------
【世代の壁】
「これ見えないーーー」
 「あ、ここさわったらあかんよ。こう持って写すときはここ!」
「あ、写った!!お母さん写ったよ!!」と走っていく女の子
??あれ家族じゃなかったの??同じ地域、みんなで見守る子どもたち。。。昔、こういう光景が普通でしたよね^^;
------------------------------------------
【学校】
望遠鏡の横の天体の説明文をノートに書き写している子がいました・・・さっきまで携帯電話をお母さんと持っていましたが??
「これ、月曜日に先生に写真見せて、話すねん!7000光年って!」
「(私)夏休み終わってるけどなー(笑)」
「いいねん、これ先生に見せるねん♪」
<学級崩壊>って言葉・・・そんなものありましたっけ?
-------------------------------------------
【感性・美術】
「これ何か見えるか?どうや?」
「・・・・うんきれい!いろんな色の星がある!明るいのもあるし暗いのもいっぱいあるわー!(二重星団)」
「わー!色が違う違う!こっちの色の方がきれい!(携帯電話のアルビレオ)」
星にも色の違いがあります。美しさも星それぞれ。難しい説明はわからなくても、幼児でも感性は鋭いものがあります!
-------------------------------------------
【教育】
「夏の大三角全部携帯で写るかやってみて!」
「天の川ちょっとだけでも見えない?」
「秋の四辺形ってどれですか?」
「はくちょう座のデネブって卑弥呼のときの星!?」
「うわー星がいっぱい!きれい!(二重星団)」
「ほら!27日でお月様がひとめぐり♪」
「あれ!あれが北極星やて!」
《理科離れ》って言葉は少なくともこの場では15分前に「死語」になっています。
---------------------------------------------

ほとんどの方が終了時間が近い8時ごろまで残っていただいていたようです。見てさっと帰るだけじゃなく、せっかくですので写真を撮ったり、話したり、遊んだり、コミュニケーションの場として【生きた】観望会になりました!

終わってから、帰る車の中で考えることがあまりにも多すぎた観望会。飛び交う携帯電話という機械の中に、子どものころに下町で体験した、あの時代を思い出したひと時でもありました。

061007_19340001

写真は「ギャル」たちが携帯電話でやってる加工ワザももちろんOK!

060503_10350001000100010001 本物の【アルビレオ】を機関車の上に輝かせてみましたヽ(´ー`)ノ

文字を入れたり、キラキラさせたり、何と手ブレ補正も携帯電話なら即OK!

061007_2037000200010001

さらに夏の見せ場の二重星、【はくちょう座ベータ:アルビレオ】と秋の見せ場の二重星【アンドロメダ座ガンマ:アラマク】の離隔が違って、色も違う!夢の共演も!!!!

061007_2037000200010002 携帯電話(auのW32Hで作成)

数が多いので、別途オーサカキングで使った「写真スペース」に掲載します!

携帯電話写真館:http://stone-kenji.spaces.msn.com/

【今日は皆様ありがとうございました!】

ただ私は【根っからのフィルム党】こちらは【ファントム】で勝負!!

那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/
プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年9月29日 (金)

星空の音楽♪【ライブツアー】!

プラネタリウムのBGM・・・

真っ暗な室内には星空だけ・・・

感じるのは星明りと音楽だけ・・・

本物の星空で音楽を楽しむのは素晴らしいものですが、なかなか普段はそういう機会は持てないものですね(><)
私の場合は観測の合間に、ルーシーさんのようにビートルズとかギルバートオサリバン・・・ちょっと昔の曲がいいんです♪
ルーシーさんのブログ【ビートルズな気分】
http://lucy-diary.cocolog-nifty.com/blog/

ビートルズなら「イエスタディ」「レット・イット・ビー」 ・・・
ギルバート・オサリバンなら「アローン・アゲイン」「クレア」 ・・・
などをCDでオリジナルベスト!を作ったりして楽しんでます♪
ちょっと切ない曲が似合うかなあ^^;なんて思って聞いています。仕事でドタバタしていると、ちょっとした観測の合間に楽しみを。。。リラクゼーションというところでしょうか。

(オヤジギャグ、下ネタには似合わない・・・( ´▽`)σ)´Д`) )

でもプラネタリウムの音楽は自分で作っています♪
初めは「著作権」を考えないとなー;;ってことで自分の曲を・・・とも考えたのですが、私の曲は【テクノ】【トランス】!!これはプラネタリウムには【場違い!!】と思いまして。。。クラシックをシンセサイザーでアレンジすることにしましたヽ(´ー`)ノ
せっかくクラシックベースにするなら、「??どこかで聞いたことがあるような??」となる曲をと始めたのが今のBGM。
プラネタリウムの夜空を引き立てて、邪魔にならずにシーンを演出するような曲。。。。
・・・・・・のはずだったのですが?

最近、プラネタリウムの前に張り出してある「今日の音楽」を目にして来て頂くお客様が・・・(;´Д`)ウウッ…
時には「今日はあの曲ないんですか?」など・・・

本名よりも、「立石 豊(タテイシ ユタカ)」の方がイメージがいいのかも。。。。_| ̄|○

何しろプラネタリウムでは星空以外には何も無いシーンも多いもの、そりゃ必死に機械いじくっている私以外のお客さんは闇夜の中の「音楽」の方が印象的ですよねえ^^;

それが「卑弥呼の日食」では「石渡 円空」(←同一人物)の和楽器オリジナルシンセBGMとなり。。。

来年の5月から「ライブツアー」が予定されています。
「オフィス・ムジーク」さんの企画で実現にこぎつけました。
10回以上の講演じゃない、公演予定で近畿で行われます。
私は星空トークとBGMはシンセサイザーによるプログラミング演奏。その後にプロ演奏者の「生」演奏のクラシック!
プラネタリウムでも観望会でも教室でもない、【コンサートホール】という新しい場所で皆様とお目に、「お耳に」かかることとなりますm(。。)m

昼間のひと時を、気軽にポップスライクに楽しめるクラシックでお楽しみください!

-------------------------------------
また「SWINGBY」と連携でお部屋で楽しめる星空グッズが!

【ティアスター】
http://www.tearstar.jp/

実物は「芸術品!!」
本物の星空を忠実に再現したものですが、これはみごと!
ディスプレイには最高の逸品でした!
部屋を暗くして、これを眺めながらクラシックやビートルズ、ジャズなんかでお気に入りのカナディアン・ウィスキーで一杯。。。なんてのもいいですねヽ(´ー`)ノ

(ま。。。殺風景な私のタコ部屋じゃあ、相手はアマガエル・・・(;´Д`)ウウッ… )
------------------------------------
M45tel
夜中には東の空からぼんやり「すばる」がもう昇ってきます。 (昔待ち受け用に作った画像です^^;)
田舎の我が家では虫の声。コオロギやスズムシなど、にぎやかになるともうすっかり秋。。。
今日も1人+50匹の暮らす我が家の夜が過ぎて行きます♪

那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/
プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/

| | コメント (7) | トラックバック (2)