2008年7月 1日 (火)

サンケイリビング堺・和泉版に掲載されました。

先日サンケイリビング新聞社から取材がありまして。。。

http://www.sankeiliving.co.jp/

プラネタリウム特集のコメンテーターとして記事にしていただきました。

リビング堺・和泉に掲載されています。新聞折込でも配布されていますが、どうやら近くのストアなどでもあるそうです。明日見に行ってみようかなあ^^;

http://www.lcomi.ne.jp/osk/store/index.html

KINSHO 東湊店、クロスモール、堺タカシマヤ、グルメシティ深井駅前店、サンエー生鮮市場千成 深井店、ジョイパーク泉ヶ丘、ダイエー 北野田店/栂店、トリーゴ 石津川店、大丸ピーコック 茶山台店/晴美台店、プラットプラット

だそうです。。。。。。。

南海高野線堺東駅のタカシマヤ!南海本線堺駅のプラットプラット!!(泣)

鉄道駅に。私がおります。。。感動・・・・【泣】

Koyakyuu2南海高野線急行2000系(堺東駅にて、私の掲載されている新聞は後ろの駅舎、タカシマヤの中です。)

イベント情報も更新しました!

プラネタリウム室の日記帳
http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/

星空のイベント情報♪
http://stonekenji.air-nifty.com/event/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

【応神大王の時代】@大阪府立近つ飛鳥博物館

奈良大学文化財学科のプロフィール。白石太一郎教授
http://www.nara-u.ac.jp/bun/teacher/t_siraisi.html

プロフィールを公開なさっておいでですし、数多くの著作、考古学会でご活躍なさっておいでですのでご紹介させていただきます。

【応神大王の時代】
平成18年9月30日から11月26日までの特別展示です。
http://www.mediajoy.com/chikatsu/2006_autumn/index.html

この大阪府立近つ飛鳥博物館の館長もなさっておいでです。
国立歴史民俗博物館館長からこの「地元大阪」の博物館の館長と就任なさっておられます。
非常に多忙極まる中ですが、市民に古代へのロマンを熱くまた非常に的確に紹介していただいてます。

そして11月23日には先生の特別講演も開催されます!

060920_21090001

写真のこの本、【考古学と古代史の間】は私の宝物とも言える本で、ここには先生のサインをいただいています^^
これは大阪狭山市立公民館にて行われた先生の講演会の後、しばしのお時間をいただき、いただいたものです。
この時私は同時に公民館で【卑弥呼の日食】を投影しておりましたが、このときの古天文学の計算とその結果を、興味深くまた和やかにお聞きいただき、出版されたばかりの先生の本をお見せしたところ、快く穏やかな表情で「恵存」といただきました。

060920_21080001

先生は箸墓古墳をはじめ古墳時代の研究に於いては随一の方で、それは文献の解釈だけに頼った古代史論ではなく、科学的な検証を得られたものに重点を置いた、「科学的な古代史」を提唱なさっておられます。

この近つ飛鳥博物館の展示もただ出土物を並べてあるだけではなく、どのように出土物を調査するか?どのように科学的に検証するか?をわかりやすく紹介してあります。
お近くでしたら「必見」です!

また、先生の著作はオンラインでも購入可能です。(アマゾン)

【古墳とヤマト政権―古代国家はいかに形成されたか】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4166600362/sr=1-5/qid=1158757068/ref=sr_1_5/503-5467766-1014361?ie=UTF8&s=books
【考古学と古代史の間】 
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480042547/sr=1-11/qid=1158757068/ref=sr_1_11/503-5467766-1014361?ie=UTF8&s=books
【古墳の語る古代史】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4006000332/sr=1-12/qid=1158757333/ref=sr_1_12/503-5467766-1014361?ie=UTF8&s=books

もっとも、私は近つ飛鳥博物館のミュージアムショップでの購入をおすすめします♪
特にこの【考古学と古代史の間】は一言で言うと「ドラマチック!!」先生がなぜ考古学を選んだのかを、子どものころのエピソードから始まって、その研究考証まで・・・
ここまで事実を立証されると「ウン!なるほど!」と言える1冊です!

講演会や教壇、解説で自分よりはるかに年上の方から「先生」なんて言われると・・・心臓が「ドキッ!」っとするので、この響き好きじゃあないんですけど^^;
この白石先生はやはり^^ 講演もすごく優しくてなおかつ説得力あり!一本!ですよ!
(私の場合、今日のように「あ!プラネタリウムの電車のおっちゃんや!」なーんて言われると、つい舞い上がっちゃいますよ♪ヽ(´ー`)ノ)

大阪府立近つ飛鳥博物館
http://www.mediajoy.com/chikatsu/index_j.html

いつもお世話になってる博物館も特別展示ですよ!

大阪府立狭山池博物館
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
大阪府立弥生文化博物館
http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/
プラネタリウム室の日記帳:http://stonekenji.air-nifty.com/nasuka/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

予想外の【効果】が。。。「SWINGBY」~^^

060618_16360001 060618_16370001

今日から大阪狭山市立公民館でもフリーペーパー「SWINGBY」設置しました!

設置は正面玄関ホールですが、プラネタリウム投影時(毎週日曜)にはプラネタリウム室でも設置となります!

で、初日の反応は。。。これ意外!!

投影が始まる前の「読み物」として最高!

この効果には気付かなかった私でした^^;

そういえば内容も宇宙への夢やかわいらしいマンガなんかもあって、子供向けという意図ではないのですが、「子どもウケ」してます~^^
当然、一緒に来る大人の反応がいいわけで、これは予想外の効果かもと思いました!
(同じ列に並んでいる某天文雑誌とは反応が違う。。。)

「理科離れ」が顕著になっている昨今、こんな気軽に科学に触れ合える読み物は一石を投じられれば。。。なんて思ったりもしますね^^

「難しい」「面白くない」という理科やとりわけ天文のイメージを払拭するものにしたいな~^^
フリーマガジン「SWINGBY」http://projectzodiac.main.jp/swingby/

投影は大阪狭山市立公民館プラネタリウム

〒589-0021 大阪狭山市今熊1-106
TEL072-366-0070
南海高野線金剛駅からコミュニティバス、西小学校前下車すぐ
プラネタリウム通常投影は毎週日曜、午後2時と午後3時から。入場料、観覧料は何と【無料!】先着順です~^^

那須香大阪天文台:http://www.nazca-osaka.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

「SWINGBY」発刊!

00_art

フリーペーパー「SWINGBY」がいよいよスタート!

私が監修役のフリーペーパーSWINGBYがいよいよスタート!

http://projectzodiac.main.jp/swingby/

各館の配布には数日を要します。しばらくお待ちくださいね!

また、那須香での観望会、イベントなどではぜひ「SWINGBY」を持っています!

ぜひ来場のときにはお申し出下さい!気軽に読めてなおかつアートにもなる科学マガジンの創刊です。

ぜひともイベントのときにはSWINGBYをよろしく~~^^

それにしても、今年はなぜ来場者が多いのだろうか。。。。

「即日完売」となるイベントもありますので悪しからず~(*_ _)人

| | コメント (0) | トラックバック (0)